請負の契約目的とは

IT関連でフリーランスとして仕事をしていきたいと考えている方がいると思います。フリーランスになる前に、仕事を取るために営業活動を少しずつはじめている方もいるのではないでしょうか。フリーランスになってから、すぐに仕事依頼が来れば収入への心配はなくなりますから安心ですよね。フリーランスとして仕事をする際にはクライアントと業務委託を結んだり、請負契約などを結ぶことになります。

では、この契約時にはどういった目的があるのでしょうか。フリーランスで仕事をする際にはクライアントと様々な形態の契約を結ぶことになりますが「どの契約も同じだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には目的内容が異なってきますので、あらかじめ目的も理解しておくと良いでしょう。例えば、委託業務として仕事をする際には一定の仕事を処理することが仕事依頼内容となっており、この仕事により結果を出すといった義務はありません。しかし、請負の場合には依頼された仕事を完成させることが必要となります。ということは同じ様に仕事を受け、進めていく業務委託と請負では契約内容が変わってくるということです。仕事の幅、責任などが変わってくることになりますから、これらの内容も事前に確認しておくと万が一の時のトラブルなども防ぐことが出来るでしょう。契約時には実際に依頼されている仕事内容、仕事幅、仕事の責任と、契約書の内容を比較しておくことも大切ですよ。
このように、フリーランスとして仕事をする際にはクライアントと契約を結ぶことになりますが、どういった契約内容となっているかによってトラブル時の対応なども変わることになりますから、しっかりと確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*